腰痛予防 腹式呼吸

腰痛を腹式呼吸で予防する


腰痛を腹式呼吸で予防する


この方法はNHKの「おはよう日本」のけんこんのコーナーで
上條倫子アナウンサーがレポートしていたものの紹介です。


平らな床の上で、ヨガマットのようなものを敷いて行います。


@仰向けに寝て、まず左脚を体をひねって右側の床へつけます
A今度は逆に、右足を左側の床へ、無理のない程度に軽くストレッチするような感じで行います。
B仰向けに寝た状態で、腰と床との隙間部分をクッションやタオルなどを置いて、隙間が出来にようにします。
Cゆっくりと何回か腹式呼吸をします。この時ひざは曲げて立てた状態、右手を胸、左手をお腹におく、ひざは曲げて立てる。
D息を鼻からゆっくり吸い、すぼめた口からゆっくりと吐き出します。息を吐くときはすべての息を出し切るような感じで行います。
E腹式呼吸ですから、息を吸った時にお腹が膨らみ、履くときにはお腹が萎みますね。胸に当てた右手で胸が動かないのを確認、左手でお腹の動きを確認しながら行いましょう。
D腹式呼吸を10回ほど繰り返して終了です。


@Aのストレッチは簡単なのですが説明だけでわかりにくければ、Bからの腹式呼吸だけで予防効果はあるといいます。
@Aも合わせて行うことですでに腰痛の人にも改善効果が期待できるとのことです。

この方法は筋トレでは鍛えにくい、骨盤をコルセットのようにサポートしているインナーマッスル(腹横筋)を鍛える効果があるそうです。
インナーマッスルを鍛えるといえばピラティスがありますね。


横浜市立大学客員教授で整形外科の女医女性の 中村格子先生が指導をしていたものです。「腹横筋を意識しながら呼吸をするだけの腰痛予防トレーニング方法」でした。


「穴吹弘毅の教える腰痛改善DVD」でも一日3分の腰痛克服ストレッチを紹介しています。こちらは本格的にすでに腰痛の方の痛みをを改善させる方法です。DVDの映像を見ながら行えるのでわかりやすく、迷いがありませんよ。


まず上の方法「腰痛を腹式呼吸で予防する」で試してみても良いと思います。
効果を確認できたなら、さらなる向上を目指して
「穴吹弘毅の教える腰痛改善DVD」を試されたら良いと思います。

どちらも現役の整形外科医が指導しているものです。
過去2万人もの腰痛を改善させ、医学界の常識を覆した

『穴吹弘毅が教える腰痛改善法』


その方法についてもっと詳しく知りたい方は...


 


サイトマップ