腰痛改善 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは


腰痛の一つであり、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)と本来はもうちょっと長い名称のようです。
脊椎にある脊柱管(せきちゅうかん)という神経を囲んでいる管が狭窄する、細くなったり、狭くなったりして神経を圧迫して痛みや、痺れの症状が出る整形外科疾患のことです。

加齢によって発生する確率が高く、老化現象のような捉え方をされることが多いようです。

また脊髄変性症でも広く見られる症状ですが、ときには脊椎椎間板ヘルニア、骨粗しょう症や腫瘍によっても脊柱管の神経を圧迫されて引き起こされる場合もあるようです。

脊柱管狭窄症の手術失敗で死亡


最近ショッキングなニュースが飛び込んできました。

それは、船橋にある整形外科医で脊柱管狭窄症の内視鏡手術を受けていた男性が術中に死亡したというものでした。

内視鏡という外科手術には当たらない比較的負担の少ない、安全性の高いものという意識がありましたが、内視鏡による麻酔の失敗で、その弾性は死亡したそうです。

これにより内視鏡手術も麻酔を使用する場合、それなりの危険性があるということがわかりました。

実は手術が必要とされた脊柱管狭窄症の手術を、簡単な方法で治すことができるのです。


脊柱管狭窄症の手術は大きな神経の近くに及ぶ手術です。

椎間板ヘルニアの手術などで、神経を損傷させてしまう失敗例もかつてはあったようですが、現在の医療技術ではそのようなケースは少なくなりました。

少なくとも内臓系の手術に比べた場合、骨の手術のほうがはるかに失敗する危険性は低いいと言えるでしょう。


ただし手術しても完治しない可能性もあります、痛みやしびれがやはり残ってしまうケースもあるようです。

日常生活でおおきな影響がでるようなものではありませんが、完全に痛みと痺れ除かる保証はありません。

他の大きな手術に比べれば比較的簡単な手術ということも出来ますが、高齢者は特に今後の体力や筋力にも影響が出る場合があります。

手術を迫られていてもしっかりと症状についての自身の認識を高め、セカンドオピニオンなどの医師からの説明も大切です。


手術をしないで、脊柱菅狭窄症を治す方法を第一に考えてみてはどうでしょうか?



脊柱菅狭窄症についてもっと知る

7脊柱管




背骨に包囲された、または背骨の中を通る管状の空間のこと、つまり背骨の中は空洞になっていて、そこを膜で包まれた神経が通っています。背骨は椎骨(ブロックのようなパーツ)という骨が積み重なってできています。椎骨は椎体と椎弓から構成され、空洞になった部分(椎孔)が繋がってできるのが脊柱管というわけです。背骨の中の空洞(脊柱管)には神経が入っている硬膜というふくろがあります。頚椎部と胸椎部の神経は脳から続く実質性の脊髄であり、腰椎部の神経は馬尾(ばび)と呼ぶ繊維性の神経束や血管が通っています。脊柱管はそれらの神経を保護する役目があります。神経は脊柱管の中で分岐して体の各部へと伸びていきます。

腰痛脊柱菅狭窄症の原因




脊柱管を取り囲む環境の変化により神経を圧迫、刺激して様々な痛み・痺れとなります。椎体や椎弓の変形や靭帯(じんたい)の肥大、椎間板の歪みなどの変性による膨隆、突出、要するに脊柱管を構成する組織の変形により脊柱管が狭くなったために、脊柱管の中を通っている神経や枝分かれする神経と、神経に伴走する血管が圧迫されることで、神経が阻害され、症状として腰痛や下肢のしびれなどが起きてきます。


脊柱管が狭くなる原因


先天的に脊柱管が狭いという場合もありますが、「変形性脊椎(せきつい)症」による椎体の骨棘(こっきょく)=椎体外側にできる骨の棘(とげ))や、変性すべり症、椎間板の膨隆、黄色靱帯の肥厚、椎間関節の肥厚変形など、背骨に加齢に起因する経年変化が原因で脊柱管がせまくなります。老化現象なので、年をとると多少にかかわらず脊柱管は狭くなっていきます。


「大日本住友製薬 健康情報 腰部脊柱管狭窄症に関するQ&A」より


脊柱管狭窄症による腰痛も簡単なストレッチで改善させる可能性があります。

過去2万人もの腰痛を改善させ、医学界の常識を覆した

『穴吹弘毅が教える腰痛改善法』


その方法についてもっと詳しく知りたい方は...


 


サイトマップ