椎間板ヘルニア 自分で治す

椎間板ヘルニアは恐ろしい


その痛みは恐怖でした。

宅配ドライバーの上田さん53才(2013年当時)は腰痛を我慢していました。

仕事柄重い荷物を持たねばならず、朝から30kgの荷物の積み下ろしもザラでした。

我慢に我慢を重ね、騙し騙しの生活を続け、
痛み止めや、湿布、テニスボールマッサージなどで
何とかしのいでいたのです。

ところがそんなある日、車から降りようとすると激しい激痛に襲われました。

「ヤバイ、ヘルニアが来た!」その瞬間そう思ったそうです。

今までもヘルニアによる急激な痛みのような症状が出ていたのですが、
なんとか誤魔化していたといいます。

その痛みは「激しい」というよりも「恐ろしい」といった表現が
当てはまるようなものだったといいます。

やむなく仕事を休み、安静にして様子を見ましたが、
体を起こそうとすると、あの恐ろしい程の激痛の兆候を感じます。

かかりつけの病院では
ついに専門の病院で手術しかないと言われました。

椎間板ヘルニアになってしまった原因


何故上田さんはそんなに酷い状況になってしまったのでしょうか?

2年前は80kgあった体重も、禁煙と同時にダイエットを始め
65kgまでに減量させた頑張り屋です。

それもなんと禁煙も同時にはじめて成功しているのですから
相当の精神力の持ち主です。

上田さんは、もう一つ腰痛とも闘っていたのですが、
こちらは運転は座り仕事だからと、無理を続けていたのです。


実はこれが間違いだったのです。
「立っている時」よりも「座っている時」のほうが腰に負担がかかっている
という事実を知らなかったのです。


そんな状況で、彼は奥さんの知人からある方法を紹介されたのです。

それが「穴吹弘毅の教える腰痛改善DVD」だったのです。

椎間板ヘルニアからの生還


椎間板ヘルニアから開放されました。

真面目な上田さんですから、安静にしながら何度もこのDVDを見ました。

そこには驚きの事実がたくさん隠されていたのですが、

そこで紹介されている「一日5分の簡単ストレッチ体操」を行ったところ。

起きるのが楽になり始めました。


一日目は半信半疑でしたが、3日も続けていると

『これは確実に効果が出ている!」と感じたそうです。

1週間後に彼は仕事に復帰しました。

まわりの人が驚くべき回復だったのですが

いまでも毎日「一日5分の簡単ストレッチ体操」を続け

椎間板ヘルニアが再発することなく、宅配の仕事をこなしているそうです。

過去2万人もの腰痛を改善させ、医学界の常識を覆した

『穴吹弘毅が教える腰痛改善法』


その方法についてもっと詳しく知りたい方は...


 


サイトマップ